日焼け止めについての知識

ご存知ですか?UVは、シミ、そばかすの原因となるばかりではなく、シワやたるみの素因にもなっていることを。UVは肌の張りを編み出す元であるコラーゲンを破壊して、皮膚の老化を次第させます。だから、ありとあらゆるエイジングサインを引き起こしてしまうという状況。

UVを受けるのが3分以上という短い時間であっても肌はダメージを受けてしまうので、外へ生ずるときはしっかり日焼け止めを塗りましょう。何とかコンビニエンスストアへ出向く、屑取り出しをする、洗濯物を乾かすというように、わずか回数分であってもUV作戦は必要なのです。

そこで必要なのは日焼け止めですが、種類が数多くSPFやSAといった目印まで様々なので、選ぶのも難しいと感じている方もいるのではないでしょうか?こんな日焼け止めの種類、担当、効果的用法を覚えておいて、購入時や使用時に役立てましょう。

いまさら聞けない…SPFやSAの思い込み。

UVにはAはやり(UVA)とBはやり(UVB)があり、前人は衣類を通り抜けて肌の奥深くまで届き、コラーゲンを破壊します。こういうAはやりを防ぐ目印がSAで、+の回数が多いほど効果が良いことになります。毛穴の開きはヴィタクトで解決!

Author: wp_sv_1845_66358